The naked and the undead : evil and the appeal of horror (書籍, 1999) [WorldCat.org]
コンテンツへ移動
The naked and the undead : evil and the appeal of horror 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー
確認中…

The naked and the undead : evil and the appeal of horror

著者: Cynthia A Freeland
出版社: Boulder, Colo. : Westview Press, 1999.
シリーズ: Thinking through cinema.
エディション/フォーマット:   紙書籍 : Englishすべてのエディションとフォーマットを見る
概要:
"Horror is often dismissed as mass art or lowbrow entertainment that produces only short-term thrills. Horror films can be bloody, gory, and disturbing, prompting people to argue that they have bad moral effects, inciting viewers to imitate cinematic violence or desensitizing them to atrocities. In The Naked and the Undead: Evil and the Appeal of Horror, Cynthia A. Freeland seeks to counter both aesthetic disdain  続きを読む
評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

件名:
関連情報:

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ジャンル/形式: Criticism, interpretation, etc
ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: Cynthia A Freeland
ISBN: 0813367026 9780813367026
OCLC No.: 243506733
物理形態: xv, 320 pages : illustrations.
コンテンツ: Introduction: Evil in Horror Films --
A Feminist Framework --
pt. 1. Mad Scientists and Monstrous Mothers. 1. Dr. Frankenstein's Progeny. 2. Women and Bugs. 3. Monstrous Flesh --
pt. 2. From Vampires to Slashers. 4. Seductive Vampires. 5. The Slasher's Blood Lust. 6. Feminist Slashers? --
pt. 3. Sublime Spectacles of Disaster. 7. Uncanny Horror. 8. Graphic Horror --
Epilogue: The Appeal of Horror.
シリーズタイトル: Thinking through cinema.
責任者: Cynthia A. Freeland.

概要:

In this text, Cynthia Freeland examines philosophical aspects of horror films from a feminist perspective. She focuses on a select body of films, demonstrating how the genre is capable of deep  続きを読む

レビュー

ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

すべてのユーザーのタグ (1)

人気のタグを表示: タグリスト | タグクラウド

  • villain  (Belarus 1 ユーザー)
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.